スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ネットショップはもはや「バーチャルショップ」ではない

 一昔前では考えられなかったネットショップ。もうすっかりメジャーになり、一部を除いて、もはや売っていないものはないのでは、というほどですね。
 今や知らない人はいない楽天市場ですが、私がネットを始めたばかりの14年前は、(名前から)魚市場の自社サイトか何かかと勘違いしていたほど小さかったのです。創業がその年だったようなので当然ですが。
 そして、私が初めてネットショップを利用したのはそれから4年後で、その頃には楽天は既にECモールとして確立していました。なんと、初めて利用したのがたまたま楽天ショップだったのです。
 私はその時になってようやく、楽天がECモールだということを知りました(笑)。

 本日はこれからネットショップを始めたいという方に向けて、私の見る限りでの現状を簡単に書きたいと思います。



■ネットに出せば売れるのか?

 一般家庭にパソコンが浸透し、一人一台とまで言われるようになり、ネットショップの存在が当たり前となった今日。「今はとにかく、ネットに店を構えれば楽に売れる」と言う人が多いです。
 実際、趣味で作ったものを少しずつ売るといった程度であれば、オークションに出品したり簡単なショッピングカートを借りて小さなショップを持ったりという方法がメジャーですし、自分のサイトにカートを組み込むという方法であればコストは全くかかりません。
 しかしそれを仕事に、様々な企業を巻き込んだ本格的なビジネスにしようということになった場合、話は変わってきます。カートシステムはきちんとしたものでなければならないので基本運用費がかかりますし、広告費もかかってきますし、ページのデザインもそれなりのものでないと受け入れられないので、自社で作れない場合は費用をかける必要が出てきます。

 そしてそういったことにも関わってくる一番の問題は、競争が激しいことと、商品や顔が見えないのでトラブルが多いこと。
 自社ブランドであれば別ですが、同じモール内で同じ商品を扱う場合、その特定の商品を求めてきた顧客は、商品価格や送料の安さでショップを決定することが多いです。
 実店舗でも「ここは高いかもしれないから他を見てみよう」ということはありますが、よほど高いものでもない限りせいぜい数店舗です。今いる場所から店舗までの距離がないも同然のネットショップでは、何千、何万という店舗の中から欲しい商品を数秒で検索でき、他店舗との価格比較も簡単にできてしまうのです。
 また、実店舗のように、顧客が実物の商品を見てから買うということができないので、「写真と違う」といったトラブルが発生します。レビュー機能があればその影響もかなり大きいものになります。

 「ネットに出すだけで売れる」などというのはもはや古く、ネット通販に慣れて常にクオリティを求めている顧客には通用しないのです。
 流行に乗るのは簡単ですが、その中で生き残ったり突出したりするには、非常に多くの労力を必要とします。何事も始めてからが肝心ということですね。



■これからは「ソーシャルショッピング」

 では、ネットショップを運営するにあたり、今最も欠かせないことは何でしょうか。
 それは、顧客と一歩踏み込んだコミュニケーションを取ることと、口コミを活用することです。既にTwitterを活用して行っているショップも多いですね。
 しかし、実際にTwitterを活用できていると言えるのは、ほんの一握りではないかと思います。
 昨年12月29日の記事にも書きましたが、Twitterをただ物を売るためのツールとして利用している人は、大抵販促のツイートばかりで嫌われて終わりです。販促中心のツイートが通用するのはほぼ大手のみですし、逆に大手であればあるほど顧客の声に答え、応えています。

 最近はこういったソーシャルメディアを利用して顧客の声を聞き、口コミで商品を広めてもらって売り上げに繋げるという「ソーシャルショッピング(ソーシャルコマース)」が主流になりつつあります。
 顧客のタイムリーな声を直接聞けるだけでなく、運用費の多くを占める広告費も削減できるという一石二鳥な方法です。

 また、mixiやFacebookなどのSNSというシステムもご存じかと思います。Twitterと同様のコミュニケーションシステムですが、こちらはさらに本格的です。
 登録した会員がマイページを持つことができ、そこでブログのように日記を書いて見てもらったり、コミュニティと呼ばれるグループで同じ趣味を持つユーザーなどと交流できたりします。
 これをショップに適用することで、特定の商品やジャンルに関するグループにおける顧客同士の繋がりや、スタッフと顧客の直接的なやり取りができるようになります。

 ショップにTwitterとSNS、それぞれを適用した場合のメリットを挙げてみます。

○Twitter
・手軽に、気軽に、簡単なやり取りができる
・リアルタイムな情報を流しやすく、見てもらいやすい
・リツイート機能により内容が簡単に広がるため、集客がしやすい

○SNS
・会員制のため、リピーターの獲得がしやすい
・長文に対応している
・画面が見やすいため、多くの顧客に対しても対応がしやすい
・日記機能やコミュニティ機能などにより、顧客同士、ショップスタッフと顧客のコミュニケーションがより深まる

 デメリットは、それぞれのメリットを逆にしたものと考えて良いと思います。
 結論は、それぞれに特徴があるので、「どちらも取り入れた方が良い」ということになりますね。
 これらを利用することで、ネットショップでありながら実店舗のような感覚で買い物を楽しんでもらうことができるのです。そしてこれは決して斬新なことではなく、リアルとネットの境界線が徐々に薄れてきている今、まさに必要なことなのです。

 以下、ソーシャルショッピングに関するおすすめの記事がありますので、ご紹介します。

○ITmedia オルタナティブ・ブログ
 「ソーシャルコマース」ってなんだろう? - その背景や類型化,機能,今後のトレンドについて総まとめ


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


 さて、昨年リリースしました、ソーシャルショッピングに最適なパッケージ「顧客囲い込みキット」は大変ご好評を頂いており、キャンペーンの期間を延長することとなりました。
 簡単にご紹介しますと、「貴社専用のECモールシステムを構築でき、無限にショップを作成でき、そのショップ全てにSNSがデフォルトで付属して100万円」という破格パッケージです。
 また、専用のシステムを構築と言うと導入が困難なイメージがありますが、これに関しては一言です。「難しいことは弊社が行います、ご不明な点はサポートします。ご心配は一切無用です。」
 ぜひお気軽にお問い合わせください!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


 以下、余談です。

CF・Flexブログテーマ用新アイコン

 以前適当に作ったJUGEMテーマのアイコンですが、あまりにも適当すぎたため少し本家のアイコンに近付けてみました。フォントは違いますが、それっぽい仕上がりになりました。
 前は1分で作りましたが、こちらはこちらで3分クッキングです。恐るべしAdobe製品。
くみっち | ビジネス | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

赤信号、みんなで渡っても違反は違反

 年始からおせち問題があったためか、景品表示法に関する記事をあちこちで見かけます。


○おせち問題に関する記事
 グルーポンで買ったおせち料理が「見本と違う」と話題に!腐っているという報告も多数│ガジェット通信

○景品表示法に関する記事
 二重価格表示とは? 知っておくべき景品表示法│Web担当者Forum


 被害に遭われた方は本当にお気の毒だと思いますが、改めて取り上げられたことは良かったのではないでしょうか。

 私は仕事で様々なECサイトに関わってきたので、明らかに違反であろう広告・価格で商売をしているショップもそれなりに見てきました。
 特に輸入品のダイエットサプリなどは、価格が異常(20,000円→2,000円の二重価格など)であったり、開発元や開発のプロセスが胡散臭かったり、効果の検証過程や結果が明示されていなかったり……という、詐欺ではないかと言いたくなるものが多いです。
 こういったものは、景品表示法だけでなく薬事法にも違反している可能性があります。サプリメントは健康食品なので問題はないと考える人も多いようですが、それは誤りです。
 薬事法 景品表示法百科というサイトが参考になりますので、ぜひご覧ください。(DVDと書いてあるのは、この事務所が発行されているDVDのことですので、記事の内容とは直接関係ありません。)

 違反をしているショップは数多く存在しますが、キリがないので取り締まりはほとんどされていないのが現状でしょう。
 しかし、違反を承知で商売をするというのであれば、いつ取り締まられても良い覚悟で臨むべきですね。車のスピード違反などの取り締まりでよくある「他の人だってやってるじゃないか」というのは通用しないし文句は言えないよ、と。
 そんな致命的なリスクを背負いながら浅い商売をするより、安定しなくても正当な方法でコツコツやるのが確実で、何より誠実ですね。
 商売は綺麗ごとばかりではありませんが、だからといって誠実さをなくしてはかえって追い込まれる結果となることくらい、商売経験の浅い私でもわかります。当たり前のことですが、生き残っていくのはやはり、顧客を常に意識している企業ではないでしょうか。
 私も商売に携わる一人として、それを忘れないでおこうと思います。


 本題からは少し逸れてしまいますが。
 人は一つの取引に対して、「売る側」と「買う側」それぞれの立場に同時に立つことはできないので、どうしても一方の立場で物事を考えがちです。日頃から、お互いがお互いをちゃんと意識して思いやることができれば良いのですが。
 とにかく売ることしか考えていない企業や、理不尽なクレームばかりの客を見ているといつも思います。
 幼稚園や小学校で習う、生きていく上で本当に基本的なことの難しさと大切さを、今更ながらしみじみと実感する今日この頃です。
くみっち | ビジネス | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ネットショップとコミュニケーション

 弊社には毎月、楽天ビジネス関連の雑誌が届きます。
 個人的に最近の楽天には色々と思うところがあるのですが、なんといっても業界最大手ですから、ざっと読んでみても参考になる記事が沢山あります。

 「ネットショップは自動販売機ではない」とはよく言ったものです。
 ネットショッピングの取引は、店員と客が顔を合わせて会話をすることなくクリックだけで成立してしまうため、まさに自動販売機になってしまいがちです。いかに実店舗のようにコミュニケーションを取れるかでショップのクオリティが決まるといっても過言ではありません。

 私の知っているショップで、扱っている商品にオリジナルのものはほとんどなく他と競合しているのに、不思議とそこで買いたくなってしまうショップがあります。
 サイトはシンプルで高級な雰囲気。しかしメールマガジンが「こちらがメインではないのか」と思うほど面白く、お店へのコメントに対しても一つ一つ丁寧に答えてくださるのです。
 莫大な数の顧客を抱えるショップにとっては、顧客のコメントに全て答えるのは容易なことではありません。メールマガジンも、配信数を重視すると商品紹介だけでいっぱいいっぱいになり、毎回コメントを充実させるのはとても大変です。
 しかし、商材によって色々な運営方法があるとはいえ、やはり顧客にとってはそのショップが身近に感じられるのが一番です。先日のTwitterの記事でも似たようなことを書きましたが、一方的な宣伝ではなく、どんなに手間がかかってもきちんと顧客とコミュニケーションを取っている企業が成功するというのが道理でしょう。


 そこで弊社のSNS付属キットが活躍する訳ですが、詳細はこちらにありますので省略します。ぜひご検討ください!

 「こういうのは楽天並みに大規模なモール運営をしないと意味がないのでは?」と思われるかと思いますが、それは違います。楽天並みの資本がない状態で楽天並みのことをしようとすると破綻します、そんな企業をこれまでに何社も見てきました(社長談)。
 弊社のMillion Bookは、安く・早く・簡単に!という、いわゆるB級グルメのような感覚で、手軽にモールを構築して頂けるキットとして提供させて頂いております。
 「モール運営をしたいけど不安」という方も、ぜひお気軽にご相談くださいませ。
くみっち | ビジネス | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Twitterとビジネス

 NEXCOMの本年度の営業は本日をもって終了となりますが、お問い合わせは随時受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!


 本日はビジネスにおけるTwitter利用に関して少々。と言いつつ、いつも長くなってしまうのですが。


 数日前から突然、私のTwitterアカウントへのフォロワーが増え続けているため、どこかに晒されているのではないかと焦りました。しかしそういう訳でもなさそうで。
 フォロワーを辿って来られるのか、それとも検索なのか……いずれにしても、Twitterに関してはまだまだ研究の余地がありそうです。
 …………もし晒されているのを発見されましたら、右下のフォームよりこっそりお知らせ頂けますと幸いです。


 私はTwitterは主にビジネスで利用しているのですが、ビジネスと言っても単なる宣伝ではありません、勉強です。ただ調べるだけでは見えてこないものが沢山あります。
 (たまにアダルト系や出会い目的の方から接触があるのですが、そういった出会いは一切求めておりません。)
 発信する立場では、会社のスタッフとして仕事に関することと、一人の人間として思ったことなどをツイートしています。受信する立場では、仕事に役立つツイートに助けられたり、素敵な言葉に勇気をもらったり、面白いツイートに笑ったり。至って普通の利用方法です。
 「Twitterのビジネス利用」と言うと、片っ端からフォローしてひたすら宣伝するというイメージを持たれがちですし、実際そういうユーザーも多いのですが、私はそういう使い方は好きではありません。
 もちろん好き嫌いで、綺麗事でビジネスが上手く行けば苦労はしないのですが、本当に広告として利用するつもりなのであれば、その方法はかえって遠回りになると私は思います。

 Twitterで自社やその製品を知ってもらいたい人がまず行いがちなのは、「とにかくフォローし、フォローを返してもらい、製品のツイートをしまくって広く知ってもらう」という方法です。
 Twitterは気軽にするものなので、突然知らない会社からフォローされても、深く考えることなく個人と同じようにフォローを返すユーザーが多いです。つまり、ただ広めるだけなら簡単。Twitterは絶好のツールと言えます。
 しかし会社や製品に実際に関わってくるユーザーというのは、その会社に安心感や信頼感を求めます。ただただ必死に自社の宣伝のツイートばかりしていて、かつフォロー数が何千も何万もあれば「中身がない」と思われ、イメージを損なう可能性があります。また、スパムと判断されることもあるためリスクが高いです。
 宣伝に使うのであれば最低限、製品とは関係のない会社自身や自分自身に関わるツイートを混ぜるか、もしくは製品と関係があってもただの宣伝で終わらない、工夫のあるツイートをする必要があるでしょう。TwitterはSNSを縮小したようなもので、個人レベルでの関わりになる訳ですから。
 もちろん興味を持ってもらえたのならそれで良いですし、興味のないユーザーは適当に流しますし、自動ツールを使用しているユーザーは気付きもしません。しかしネット社会になって個人が気軽に情報を選択できるようになった今、自分からフォローして宣伝する方法が嫌われやすくなっていることは確かです。

 Twitterをビジネスに活用して成功しているのは、一方的に情報発信するのではなく、コミュニケーション機能を有効利用して顧客の声を聞き、生かしている企業です。当たり前のことですね。
 「Twitterで宣伝すると広まり方が違う!」という単純な謳い文句に踊らされて、TwitterをTwitterとして利用しないことは、会社にとっても自分にとってもハイリスクノーリターンではないでしょうか。

くみっち | ビジネス | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

世界の構築

 1ヶ月ほど前のことですが、社長とスタッフの1人とで外食する機会がありました。
 色々話していると21時を過ぎ、さあ帰ろうとしたところで、駅に繋がっている京阪モールの入口に作業員のような方々が集まっているのが見えました。
 いよいよクリスマスシーズンということで、装飾をされていたのです。京阪シティモールが閉まるのが20時で、そこから作業開始になるということで、ちょうど真っ只中だったのですね。
 寒い中、デリケートなシールを数人がかりで、丁寧に丁寧に自動ドアに貼り付けていく……大規模な建物にそのような装飾がされる現場を見たのは初めてで、ちょっと感動しました。

 そこでふと思ったのが、「いつも誰かがこうして夜に装飾しているんだな。そうだ、このシールも誰かがデザインしたものなんだな」ということです。
 ドアが、モールそのものがまるでプレゼントのようにリボンに包まれたデザイン。大きなツリーなどを飾らなくとも、その存在感は抜群です。
 京阪シティモールのサイトのクリスマスバナーのデザインがそれですね。これと同じ装飾が自動ドアにされています。

 そうしてデザインされたものが印刷業者に渡り、シールとなり、イベント業者に渡ってようやく装飾となります。もちろんこの限りではありませんが、物というのはほぼこういった過程を経て表に出てきます。
 今私のそばに置いてある箱ティッシュ一つにも、ティッシュの素材を考えて検査する人、ティッシュを作る人、箱のデザインを考える人、箱に使用するインクを作る人、箱を作る人……もっと言えば、それを作るための機械の構造を考え、作る人。最終的にはそれを売り込む人、売る人、使う人、使われた後に処理する人。これだけ多くの人が携わっています。

 そう考えると、何とも繋がりのないものなんてこの世に存在しないのだなと思いました。当たり前なのですが、実際、これは大事なことだと思います。

 仕事をする上で大事なことは沢山ありますが、「今自分のやっていることが最終的にどういったことに繋がるか」を常に意識しておくことが最も重要ではないかと。夢や将来のビジョンを持っておくなど、もちろんそれも大切なのですが、まずは自分のいる場所に関する小さな「気付き」が必要だと思います。

 例えば、私は大学時代に日雇いのアルバイトで、衣服関係の倉庫内作業をしていたことがあるのですが、それはもう大変な検品作業でした。袋から出した服に一つ一つものさしを当て、刺繍されたロゴが1mmでもずれているとB品行き。A品は、売り場に並べられるように厚紙を使って綺麗にたたみ直し、タグをつけて再び袋に戻し、封をする。他にも色々な作業がありましたが、とりあえずこれを立ちっぱなしで、高速でミスなくこなし続けなければいけませんでした。
 正直、毎日一日中これを続けるのは辛いです。ただ機械的に作業をこなしているだけですし、ほとんどの人は、服が手元に届くまでにこのような苦労があることなど気にも留めないでしょう。指が痛くなるまで必死に手作業でつけたサイズ札も、すぐに切り取られて捨てられてしまいます。
 しかし、それは決して無駄にはなりません。タグもそれを付けるためのファスナーロックも、ないと困るものです。
 私の場合は何より、そういった仕事を経験することで、服を手にするたびに「このタグも誰かが付けてくれたんだな」と自然に思うようになりました。
 飲食店のバイトでも、最初は大抵皿洗いばかりですが、その作業がなければ料理は盛り付けられませんしお客さんにも出せません。よく「雑用という仕事はない」と言いますが全くその通りで、実はそれがなければ始まらない、とても重要な役割なのです。

 無駄な仕事、くだらない仕事なんてありません。小さな部品にすぎなくても、それがなければ「もの」は完成しません。そしてそれは、利用する人々の豊かな生活を構築できるかどうかにかかってきます。
 就活生から「ただただ働いて年を取るだけの人生にはしたくない」という声を聞いたりしますが、まずその「ただ働く」という概念を捨てない限りは入社した段階で潰れてしまいそうです。
 もちろん人間関係のもつれや過酷な労働環境などの事情は色々とありますが、少なくとも自分がやりたくない・辛いと思っている仕事に潰されないようにするには、そういった意識が必要かと思います。



 ということを、装飾を見かけてからわずか5分程度で考えて終わりました(笑)。
 文章にするとやたら長いですが、実際に頭で考えるのはとんでもなく短時間です。そういうことって多くありませんか?
 確かに言葉で考えているのだけれど、あちこちが省略されて、一種の記号のようなものになって再生されているような感覚。最近これをよく意識するようになりました。
 将来的にこの記号化のようなことが、脳科学などに生かされていくのだろうなと、また考えてみたり。

 ええ、キリがないので本日はこの辺りで(笑)。
くみっち | ビジネス | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--