<< ごあいさつ | top | 世界の構築 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

Million Bookのご紹介

 先ほどブログを開設したばかりですが、早くも第一回です。
 何を書こうかと随分迷いましたが、ここは弊社の目玉商品である「Million Book」さんにご登場頂くことにしました!


 Million Book(ミリオンブック)は、一言で言うとECサイト運営システムです。
 しかし通常のシステムと違うのは、これは単体ECサイト向けのカートシステムではなく、「ショッピングモール」「ドロップシッピング」専用のツールであるところです。

 ショッピングモールはご存じの通り、ネット上で有名なところはAmazonや楽天などですね。Amazonや楽天という本部があり、その下にいくつものショップが登録されていて、ユーザーはそれぞれのショップで買い物をします。

 ドロップシッピングとは、簡単に言うと「無在庫代理店販売システム」です。
 最近話題になっている販売システムですが、まだまだ認知度は低いようです。具体的には以下のような仕組みになっています。


1.メーカーや卸売業者(本部)が代理店に商品の販売を委託
 ↓
2.ユーザー(代理店)が売りたい商品を選び、本部の卸値に自由に上乗せして商品を販売
 ↓
3.商品が注文されると、注文情報・注文者情報などが直接本部に通知され、そのまま本部が受注・配送手続きを行う
 ↓
4.商品が注文者の手元に届く
 ↓
5.卸値と代理店が設定した価格の差額が代理店に支払われる


 つまり、本部は在庫管理や受発注管理・商品の販売委託を行うだけで利益を得ることができ、代理店は本部が持つ商品の販売を行うだけで利益を得ることができる、というわけです。
 アフィリエイトと違うのは、商品をユーザーに紹介してもらってショップページに誘導するのではなく、ユーザー自身に商品の価格を決めてもらい、ユーザー自身のショップで売ってもらうところです。

 Million Bookは、このドロップシッピングというシステムそのものを運営するツールですので、代理店ではなく本部専用ということになります。
 代理店を募集し、販売する商品を選んでもらい、ショップの設定を行って開店。この3ステップだけで、現実のショップより手軽に、簡単にネットショップを運営することができます。


 さて、長々とドロップシッピングについて書きましたが、次回から具体的にMillion Bookにはどのような機能があるのかを、開店までのシミュレーションという形で書いていきたいと思います。
 今すぐ知りたいという方は、NEXCOMサイト内のMillion Bookページをご覧ください。簡単な機能一覧をご覧頂けます。


 それでは、次回の更新をお待ちくださいませ。
くみっち | Million Book | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:48 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--