<< ネットショップとコミュニケーション | top | 人との関わりも自動化する時代 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

赤信号、みんなで渡っても違反は違反

 年始からおせち問題があったためか、景品表示法に関する記事をあちこちで見かけます。


○おせち問題に関する記事
 グルーポンで買ったおせち料理が「見本と違う」と話題に!腐っているという報告も多数│ガジェット通信

○景品表示法に関する記事
 二重価格表示とは? 知っておくべき景品表示法│Web担当者Forum


 被害に遭われた方は本当にお気の毒だと思いますが、改めて取り上げられたことは良かったのではないでしょうか。

 私は仕事で様々なECサイトに関わってきたので、明らかに違反であろう広告・価格で商売をしているショップもそれなりに見てきました。
 特に輸入品のダイエットサプリなどは、価格が異常(20,000円→2,000円の二重価格など)であったり、開発元や開発のプロセスが胡散臭かったり、効果の検証過程や結果が明示されていなかったり……という、詐欺ではないかと言いたくなるものが多いです。
 こういったものは、景品表示法だけでなく薬事法にも違反している可能性があります。サプリメントは健康食品なので問題はないと考える人も多いようですが、それは誤りです。
 薬事法 景品表示法百科というサイトが参考になりますので、ぜひご覧ください。(DVDと書いてあるのは、この事務所が発行されているDVDのことですので、記事の内容とは直接関係ありません。)

 違反をしているショップは数多く存在しますが、キリがないので取り締まりはほとんどされていないのが現状でしょう。
 しかし、違反を承知で商売をするというのであれば、いつ取り締まられても良い覚悟で臨むべきですね。車のスピード違反などの取り締まりでよくある「他の人だってやってるじゃないか」というのは通用しないし文句は言えないよ、と。
 そんな致命的なリスクを背負いながら浅い商売をするより、安定しなくても正当な方法でコツコツやるのが確実で、何より誠実ですね。
 商売は綺麗ごとばかりではありませんが、だからといって誠実さをなくしてはかえって追い込まれる結果となることくらい、商売経験の浅い私でもわかります。当たり前のことですが、生き残っていくのはやはり、顧客を常に意識している企業ではないでしょうか。
 私も商売に携わる一人として、それを忘れないでおこうと思います。


 本題からは少し逸れてしまいますが。
 人は一つの取引に対して、「売る側」と「買う側」それぞれの立場に同時に立つことはできないので、どうしても一方の立場で物事を考えがちです。日頃から、お互いがお互いをちゃんと意識して思いやることができれば良いのですが。
 とにかく売ることしか考えていない企業や、理不尽なクレームばかりの客を見ているといつも思います。
 幼稚園や小学校で習う、生きていく上で本当に基本的なことの難しさと大切さを、今更ながらしみじみと実感する今日この頃です。
くみっち | ビジネス | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 12:12 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--