<< ColdFusion Report Builder−画面作成時のバグまとめ | top | 委託か、テンプレートか >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

最近の若い者

 ならぬ、最近の若いパソコンは……。

 私が仕事で使用しているパソコンは、デスクトップのXPとノートの7なのですが、7の方はプログラム関連の作業用ノートなので、Photoshopが入っていません。ここのところはデザインワークから離れているので、ノートの方を主に使用しています。
 そんなある日、少々画像編集が必要になった時があったのですが、「デスクトップの方にデータを移すのも面倒だし、(標準搭載の)ペイントでいいや」と起動してびっくり。
 なんですかこの進化ぶりは。

Windows7のペイントツール

 ブラシにシェイプ、こんなに沢山あります。
 直前のXPまで十数年前から変わらない仕様だったのに、本当に突然の変身です。
 どこかで「標準搭載のペイントだけでサイトを作ってみようか」と言っていたのですが、これだけ進化しているのであれば、それなりに見られるものができるかもしれません。

 まあ、このくらいはペイントツールとしてはごく普通なのですが……ブラシは上から4番目のもののみで、トリミングさえできないという以前の仕様がひどすぎて、そのことにしばらく気付きませんでした。

 しかし、なぜ今更リニューアルしたのでしょうね。この世に優れたフリーのペイントツールはごまんとありますし、それらに比べると随分と中途半端なのですが。
 7はこれまでのバージョンから雰囲気がガラッと変わっているので、ソフト類も一新……ということでしょうか?謎です。
くみっち | 画像編集 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:50 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--