<< プログラマーのスタッフブログ公開! | top | Dreamweaverいらず!?Eclipseのススメ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

Webデザインのちょっとした効率化

  「Webデザインのコツ」などといった大層なことは書けそうにありませんので、今日はちょっとした効率化の方法をメモしておきたいと思います。
 といっても、ちょっとかじった人なら恐らく誰でもやっていることなので、Webデザインを始めたばかりの方向けです。私のブログで技術的な話が出た時は、ジャンルが何であれ、今のところほぼ全て初心者向けですのでよろしくお願いします(^^;)

※ここではPhotoshopを使用していますが、Illustratorでも同様のことができます。

 私はデザインをするにあたって、作成するファイルの他に、2つのファイルを用意します。

1.カラーパレット
2.パーツパレット

パレット活用
(クリックで拡大します)

 画像にあるファイル名はアレですが、お気になさらないでください。

 まずカラーパレットは、その名の通り、デザインに使用した色を保存しておくものです。イラストを描く時などにも用いられる方法ですね。
 ブラシで適当にパレットに色をつけ、何に使った色かをメモしておきます。

 次にパーツパレットですが、これも名前の通りでパーツ倉庫です。
 レイヤーをそのままパレットにドラッグしてコピーし、ロゴや文字などを保管します。
 この画像にあるロゴファイルはIllustratorで作られたもので、ベクターイメージなので使い回しができます。フォントや色の情報なども同時に保存しておけるので、よく使うパーツはここに入れておきます。

 この方法だと、「パーツパレットだけあればいいじゃないか、わざわざ2つのパレットに分ける意味があるのか?」ということになりそうですが、そうでもありません。
 サイトを作るにはとんでもない数のパーツが必要になります。それらを全てパレットに集約させてしまうと、今度は探すのが大変になって、かえって使いづらくなってしまうのです。
 大体最初の段階で「この色やこのパーツは今後も使うな」というのがわかるので、なるべく最低限のものを入れるようにします。


 書いているうちに、「グラデーションパレット」「シェイプパレット」「レイヤースタイルパレット」などもあれば便利そうだなと気付きました。ここまでするとかなり面倒臭そうですが、該当ファイルを開いてレイヤーを探すよりは早いかもしれませんね。
くみっち | Webデザイン | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:46 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--