<< Million Bookのご紹介 | top | Million Book−プロジェクト始動! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

世界の構築

 1ヶ月ほど前のことですが、社長とスタッフの1人とで外食する機会がありました。
 色々話していると21時を過ぎ、さあ帰ろうとしたところで、駅に繋がっている京阪モールの入口に作業員のような方々が集まっているのが見えました。
 いよいよクリスマスシーズンということで、装飾をされていたのです。京阪シティモールが閉まるのが20時で、そこから作業開始になるということで、ちょうど真っ只中だったのですね。
 寒い中、デリケートなシールを数人がかりで、丁寧に丁寧に自動ドアに貼り付けていく……大規模な建物にそのような装飾がされる現場を見たのは初めてで、ちょっと感動しました。

 そこでふと思ったのが、「いつも誰かがこうして夜に装飾しているんだな。そうだ、このシールも誰かがデザインしたものなんだな」ということです。
 ドアが、モールそのものがまるでプレゼントのようにリボンに包まれたデザイン。大きなツリーなどを飾らなくとも、その存在感は抜群です。
 京阪シティモールのサイトのクリスマスバナーのデザインがそれですね。これと同じ装飾が自動ドアにされています。

 そうしてデザインされたものが印刷業者に渡り、シールとなり、イベント業者に渡ってようやく装飾となります。もちろんこの限りではありませんが、物というのはほぼこういった過程を経て表に出てきます。
 今私のそばに置いてある箱ティッシュ一つにも、ティッシュの素材を考えて検査する人、ティッシュを作る人、箱のデザインを考える人、箱に使用するインクを作る人、箱を作る人……もっと言えば、それを作るための機械の構造を考え、作る人。最終的にはそれを売り込む人、売る人、使う人、使われた後に処理する人。これだけ多くの人が携わっています。

 そう考えると、何とも繋がりのないものなんてこの世に存在しないのだなと思いました。当たり前なのですが、実際、これは大事なことだと思います。

 仕事をする上で大事なことは沢山ありますが、「今自分のやっていることが最終的にどういったことに繋がるか」を常に意識しておくことが最も重要ではないかと。夢や将来のビジョンを持っておくなど、もちろんそれも大切なのですが、まずは自分のいる場所に関する小さな「気付き」が必要だと思います。

 例えば、私は大学時代に日雇いのアルバイトで、衣服関係の倉庫内作業をしていたことがあるのですが、それはもう大変な検品作業でした。袋から出した服に一つ一つものさしを当て、刺繍されたロゴが1mmでもずれているとB品行き。A品は、売り場に並べられるように厚紙を使って綺麗にたたみ直し、タグをつけて再び袋に戻し、封をする。他にも色々な作業がありましたが、とりあえずこれを立ちっぱなしで、高速でミスなくこなし続けなければいけませんでした。
 正直、毎日一日中これを続けるのは辛いです。ただ機械的に作業をこなしているだけですし、ほとんどの人は、服が手元に届くまでにこのような苦労があることなど気にも留めないでしょう。指が痛くなるまで必死に手作業でつけたサイズ札も、すぐに切り取られて捨てられてしまいます。
 しかし、それは決して無駄にはなりません。タグもそれを付けるためのファスナーロックも、ないと困るものです。
 私の場合は何より、そういった仕事を経験することで、服を手にするたびに「このタグも誰かが付けてくれたんだな」と自然に思うようになりました。
 飲食店のバイトでも、最初は大抵皿洗いばかりですが、その作業がなければ料理は盛り付けられませんしお客さんにも出せません。よく「雑用という仕事はない」と言いますが全くその通りで、実はそれがなければ始まらない、とても重要な役割なのです。

 無駄な仕事、くだらない仕事なんてありません。小さな部品にすぎなくても、それがなければ「もの」は完成しません。そしてそれは、利用する人々の豊かな生活を構築できるかどうかにかかってきます。
 就活生から「ただただ働いて年を取るだけの人生にはしたくない」という声を聞いたりしますが、まずその「ただ働く」という概念を捨てない限りは入社した段階で潰れてしまいそうです。
 もちろん人間関係のもつれや過酷な労働環境などの事情は色々とありますが、少なくとも自分がやりたくない・辛いと思っている仕事に潰されないようにするには、そういった意識が必要かと思います。



 ということを、装飾を見かけてからわずか5分程度で考えて終わりました(笑)。
 文章にするとやたら長いですが、実際に頭で考えるのはとんでもなく短時間です。そういうことって多くありませんか?
 確かに言葉で考えているのだけれど、あちこちが省略されて、一種の記号のようなものになって再生されているような感覚。最近これをよく意識するようになりました。
 将来的にこの記号化のようなことが、脳科学などに生かされていくのだろうなと、また考えてみたり。

 ええ、キリがないので本日はこの辺りで(笑)。
くみっち | ビジネス | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 20:16 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--